HOME  >  事業内容  >  紙おむつ販売

紙おむつ販売

ケア・ルートサービスでは、各病棟ごとの在庫管理から、回収・処理(リサイクル)まで、一貫してお客様をサポートしております。
お客様の業務省力化や、環境評価向上へのお手伝いを行っております。

 

ケアルート独自のシステム

 

定数納品システム

病棟(フロアー)単位で必要商品の定数を決定し、使用した商品の数量だけを補充していく納品システムです。

メリット

  • 弊社担当者が、病棟単位で在庫管理を行いますので、発注の手間を省くことができ、患者/入所者への対応時間を有効に活用することができます。
  • 必要最小限の袋単位での納品のため、商品在庫の削減ができます。
  • 商品在庫が削減されるので、リネン庫(紙おむつ保管庫)の有効活用ができます。
  • 使用商品の種類別使用状況が把握できるので、排泄ケア計画に反映することができます。

紙おむつリサイクルシステム

使用済み紙おむつを回収し、関連会社のトータルケア・システム(株)ラブフォレスト大牟田工場で水溶化処理を行ない、パルプ等の使用素材を回収し再資源化(リサイクル)するシステムです。

メリット

  • 今まで焼却処理していた紙おむつを再資源化することで、環境負荷の低減、低炭素社会、資源循環型社会の形成に貢献できます。
  • 水溶化処理は、焼却処理と比較して二酸化炭素の排出量が40%削減できます。
    (北九州市立大学国際環境学部松本教授2011年3月学会発表資料より)
  • 紙おむつは、再資源化され新たな商品の原材料となるため、紙おむつ使用者及びご家族の皆様の精神的負担を軽減できます。
 

納品・回収・リサイクルまでの流れ

 
ご相談
排泄ケアに関する必要な商品の種類、コスト、処理に関するご相談を承ります
お打合せ
病棟ごとに必要な商品の種類・数量を集計し各商品の定数を決定します
ご契約
紙おむつ等売買契約書、紙おむつ(産業廃棄物)収集・運搬委託契約書、紙おむつ(産業廃棄物)処分委託契約書を締結します
業務スタート
納品・補充→回収→リサイクル
 

正しい紙おむつの選び方・使い方

 

選び方

選び方図
軽い尿モレのある方 スッキリ安心外モレ不安のある、軽い尿モレのある方 しっかり安心一人でまたは介助で、歩ける方 トイレに間に合わない時でも安心立てる座れる方 リハビリ車イス中も安心介助で起こせる方 座った姿勢でもしっかり吸収寝て過ごす事が多い方

平成16年度厚生労働科学研修費補助金(長寿科学総合研究事業)によりユニ・チャームが参加する産学共同研究所で作成した、高齢者排尿障害に対する排泄ケアガイドラインを参考にしています。

 
 
ご不明な点は都度ご相談下さい。
電話番号 092-504-5766
 
FAX番号 092-504-3281
FAX用書面ダウンロードはこちら
 
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせはこちら
このページの先頭へ戻る